« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

好きなとこ

好きなとこ
好きなとこ
眠いとここに挟まります。

2011年3月28日 (月)

叱ったから

叱ったから
春休み宿題もせずに、呑気に過ごしている息子を叱ったので、夜は父ちゃんハンバーグ。

特製ニンジンソースをかけてます。

父ちゃんパンケーキも3つ平らげて、

頼むから、もうちょっと頑張ってくれよ(>_<)

2011年3月27日 (日)

ぐっすり寝てる

ぐっすり寝てる
ぐっすり寝てる
ようやく落ち着いてきた。

被災地のペット達は、どうしてるのだろう。

今年は枇杷の実が、たくさんついた。

2011年3月26日 (土)

これしかないから

鍼を通して、気を送る。

それに触れて体が変わっていく。

固くしまっていたらお灸をする。

これしかないから、

自分にできることは、

これしかないから、ただ手をかけて、

ひたすら手間をかけて、

体が変わっていくを後押しする。


体が、それに応えて、

カーッと、熱くなる。


来週は、もっともっと、素晴らしいことが、待っている。

ゆっくり休もう。

2011年3月22日 (火)

かなり反省してみる

昨日は、積聚治療の無料説明会が都内の池尻大橋でおこなわれた。

このような状況のなか小雨降る肌寒い日にもかかわらず、たくさんの人が説明会に参加してくれた。その熱意に十分に応えられたであろうか?

気持ちばかり先行して、しどろもどろの説明をしてしまって、本当に申し訳なかったと、落ち込んでいた。

終了後に場所を移して、師匠に愚痴をこぼしたのであった。

この無料説明会が、積聚会としては、年度末の行事となる。毎年この後、役員スタッフで打ち上げをする。みんなで飲んで話して、また、一年がんばろう!になる。

来年のこの日に向けてまた、走り出すのだ。

今回は、ちょっと我が儘を言っていろいろみんなを付き合わせてしまった。おかげで、自分はスッキリ、ストレス解消、リフレッシュしたけど、付き合わされた方は、やっぱりいい迷惑だったかなあと、かなり反省をしている。
学生も引っ張り回してしまい、そうだよなあ、先生だもんなあ、いやと言えないよなあ、

はい、これからは、厳に慎みます。反省してます。


お師匠様にいつもあ〜だこ〜だ聞いてもらい、仲間達にはあれやだこれやだとわがまま言って、

はい、わかってます。自分がどんなにか幸せ者だってこと。

子供の頃から全然変わってないこと。

そのあだ名言わないでよ。わかったから。

2011年3月20日 (日)

種蒔き

種蒔き
種蒔き
かき菜とルッコラのつぼみとアサツキ。今日の収穫。

柑橘類の剪定と夏に向けての種蒔きをしました。

種は蒔けば、いつか必ず芽が出る。

どんな時でも遥か昔から、ずっとずっと、人は種を蒔き続ける。

必ず芽が出る。

2011年3月19日 (土)

仕方ないよ

今週は、みなさんいつもよりも冷えが強かったです。緊張を強いられて不安になったのですから当然です。
普段はなかったような冷えが出てきたりしていました。平静に受け止めているように思えていても体は辛いと反応しています。

たくさんお灸して熱を入れて温めて回復するのを待つ。

動物達が丸くなって傷が癒えるのを待つように。

風の子堂がそんなところであるといいのですが。

来週は、素晴らしいことが、山のように起こります。

皆様に気を送ります。

2011年3月18日 (金)

邪道も道ですから

憧れの先生と同じスピードで走りたくて、長い間練習をしてきた。

でも、あるとき自分にそのスピードは出せない、と気づいた。

考えてみれば、いくら足が早いと言っても限界がある。努力すればなんとかなるか? それも素人のレベルの話し、プロレベルでは、努力してなんとかなる世界ではない。

努力しても100メートル10秒で走れない。

じゃあ、やめる?

やめない。どうしても、その人の世界を覗いて見たいから、ズルしてでも走る方法がないか考えることにした。

上手な人は筆を選ばない。下手だったら書きやすい筆を探せばいい。上手に見える方法を工夫すればいい。

邪道でもなんでもいいさ。とにかく同じスピードで走って、どんな景色か見てみたいだけなんだよ。

そしたら、たぶん何を言いたかったのか、わかる気がするんだ。

だいたい、邪道も本道も、ゴールは同じ場所だから、


今まで誰も気が付かないよ。

卒業式

昨日は、専門学校の卒業式でした。震災を考慮して中止も考えられましたが、あえて予定通り実施しました。専門学校自体、液状化の被害に遭って、修復している状態で、また式をしたホテル周囲も液状化の被災地域でした。
こんな時だから、明るく学生達を送り出してあげたい。という専門学校職員達の熱意で実行できたものです。

本当によかった。

学生達の笑顔が見れて一安心したのたので、

ああ、これで今年度の自分の役目も終わったなあ、

と、幸せな心持ちで帰途につきました。


でも、帰り寒かったなあ(>_<)

2011年3月13日 (日)

お見舞い申し上げます。

お見舞い申し上げます。
何が起きているのか、もちろん地震があったのは、わかっているけど、あまりの出来事に頭がついていかないと言うか、処理できないと言うか、でも、被災地の方からしたら、そんなことを感じることすらできないのではないだろうか。

一人でも多く助け出されることを願うしかない。

風の子堂も比較にならないが被害を受けた。患者さんのキャンセルもあって土曜は、後片付けの間に治療をする状態であったが、モノのむなしさを実感した。
綺麗な水晶も、手をかけた鉢植えも、自然の力の前では、一瞬で何もなくなってしまう。

大切にするのは、なんなのか、目を覚ますということなのだろうか。

2011年3月 9日 (水)

素直さ

鍼灸を学ぶ学生に常々言うのは、素直になりなさい。ということ。素直になれないばかりに沢山の大切なことを見落とすことがないようにと思うから。人の全ての感覚は、いったん大脳を経由してから認識される。どういうことかと言えば、認識することは全て脳の脚色を受けている。ということ。ここで素直か素直でないかの差が出る。素直でないと必ず独りよがりな認識をする。さらにひどい場合は、何も無かったことにしてしまう。脳を通過すれば如何様にも出来る。素直に見て素直に感じる。これが一番大切なことなのだ。

自分に必要なことを言ってくれる人は貴重だ。なんの繋がりも感じなければ心地好い言葉だけで十分だし、そんな他人となにも嫌な思いをするまでもないから。嫌な思いまでして言ってくれている人から離れてしまっては、この先誰が言ってくれるのだろう。

素直になるしかないのです。

2011年3月 6日 (日)

玄米ご飯

玄米ご飯
久しぶりに玄米を炊いてみた。

小さい頃は喜んで食べてくれた息子は、なんだかかなり無理して食べるように、

ちょっと炊き方が下手になったかなあ。

2011年3月 5日 (土)

幸せな仕事

こうして鍼灸で治療をさせていただける環境があるだけで感謝しなければいけない。

なにより鍼灸で凝りが緩んだり、体が変わってきたりすると、なんとも言えない達成感がある。

治療すること自体喜びがあるのに、その上感謝していただけるなんて、なんて恵まれた仕事だろう。

さて、今週はここまで、来週より良い治療をするために、ゆっくり休もう。

皆様に大きな幸せがもたらされますように。

2011年3月 4日 (金)

冷えをとる方法

冬の間ギュッと硬く閉めていた体が、ちょっと暖かい日差しで少しだけ緩んだりする。

ここでまた、急に寒い日が続いたりすると、冷えが体の中に入り込みやすい。

ちょうど今頃の季節、体調を崩しやすいのは、冷えが深く入る環境にあるからだ。

そこで、日常的に無理なく体から冷えを抜くことを考えないといけない。

細かく言えば、飲み物、食べ物を意識することも大切なのだが、

大雑把に言えば、風呂と睡眠になる。

風呂は、必ず湯舟に浸かって10分以上汗を出すこと。その時体をゆらゆら揺らして冷えを流し出すようにする。

もう一つは、睡眠なのだが、大切なのは、布団の中の温度。特にアレルギーのある自分は、暑いくらいの温度にして眠る。

考えてみれば、睡眠を7時間から8時間とるとすれば、その間ずっと温熱療法している感じで、冷えを出すのにもってこいなのだ。自分は寝てるのだし、楽チンな療法といえる。

その上、自分にとって最適な温度なら、朝まで待って目が覚めない。それどころか夢もみない。寝たと思ったら朝なのだ。再びその上、朝体温が高いので、いきなり活動できる。自分の場合はワン達と散歩。そしてすぐに風呂。散歩で冷えた体温を上げる。
ちなみに夜は湯舟に入らない。体温が上がり過ぎると寝付けなくるからで、その変わり布団の中で朝まで温まることにしている。

それほど強くないアレルギーやその他例えば風邪とかの症状だったら、治療するまでもなく治ってしまう。

絶食すればわかるのだが、腸の熱の有無が、健康かどうかの決め手になっている。

胃腸に何も入れず、生姜の汁をちょっとだけ飲むと、目の痒み鼻みず、スーッと引いていく。反対に果汁を飲むとダーッと目鼻に出てくる。

自分は薬剤師じゃないからやらないけど、生姜濃縮エキスから飲むアレルギー薬が出来ると思う。

腸の温度を上げれば、難病は解消すると思う。
で、人により腸の温度が治療だけでは上がりにくい人がいるので、睡眠と風呂がとりあえず簡単で安上がりな方法なのだ。

多分このことは何年か後に医者が画期的な治療として発表して話題になるのだろうなあ。

2011年3月 3日 (木)

難しい

難しい
同じ教え方は出来ないんですよね。

毎年、人が変わるわけだし、話す内容も例え話も、反応を見ながらやるしかない。

去年まで通用したから今年もいけるかというと、全然ダメだったりする。

女性の方が正直、辛抱強かったりしるし、同じことを男性に言ったりやらせたりすると、くじけてしまったり、なかなか上手くいかない。

いや、冷静に考えて、上手くいったことの方が少ないのか?

そもそも、

そもそもってどういうこと! って感じだけど、

そもそも教えることができるのか?

見せるしかできないんだよなあ。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

  • 人生 (キャンシング比較ランキング!最新ニュース)
  • 田中先生… (積聚治療 恵庭市 鈴木みゆき鍼・灸院の最新情報です)
  • 風の子先生… (恵庭市 鈴木みゆき鍼・灸院の最新情報です)
無料ブログはココログ

関係するグループ

風の子堂鍼灸院