« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

遊歩道?

遊歩道?
涼しさを求めて沢沿いの遊歩道に入ってみました。

が、

遊歩道の楽しげな名前に反して、完全な山道。岩を乗り越え、登り下りの連続、息もあがり、汗だくに、こたえたなあ。

そのあとすぐに、温泉。

やっぱり、これだな。

上級者用

上級者用
ペットと泊まるロッジに宿泊。 でもここはペット上級者用だそうな。

ベッドに犬が乗ったらクリーニング代10万円だそうで・・・

キャンセル料払った方が安いな!と思いつつ、
だって10万稼ぐの、って考えると、


でもまあ、せっかく泊まりに来たんだし、って思い直して、


結果、上級者でない私は睡眠不足に、そう気が気で睡眠ぶつ切りになり、


仕方なく早朝から外で過ごしました。

まあ、いい天気だし気持ちいいから、いっか(^O^)/

2010年8月29日 (日)

白樺湖

白樺湖
湖畔を渡る風が、気持ちいい。

ドッグカフェ?で昼食。

店内冷房ついてなく、ワンコ達と共に、暑さにまいる。

なぜドッグカフェなのに暑いんだろう?


店内の暑さに比べて、ドリンクは、みんな薄い。

カルピスソーダ薄めすぎです。

高原の風

高原の風
霧ヶ峰高原です。やっぱり日なたは暑い。


でも、木陰は涼しい。

今日は

今日は
諏訪湖に来ております。

やっぱり、日が昇ったら、

ちょー暑い
(;´д`)


それに、


水 汚い!


ワンコ達が、遊べない!

2010年8月27日 (金)

諸行無常

諸行無常
これがベストの治療だ、

といつも思って治療にあたるわけですが、


しばらくすると、


いや、まてよ、こう工夫したらどうだろ。


と、すぐに変わっていってしまうのです。


考えてみれば、当たり前のことで、

人は、死ぬまで一瞬たりとも止まっていることがないのですから。


これでいいと思っても、患者さんの体は、次の瞬間には、変化してしまっている。


止まっている治療では、対応できないのです。


シンプルです。これでいいのだ。

いいのか?


ぐるーっと回って、またもとに戻ってきたのか。

いや、螺旋階段のように、ちょっと上になったのかな。

2010年8月23日 (月)

ごはんまだー

ごはんまだー
お散歩から帰って、パールとマロンのごはん用意してます。

パールは耳が長いので、かぶりものしてます。

夏といえば

夏といえば
なんたって ゴーヤでしょう!

今朝 収穫したゴーヤで チャンプルーを作ってもらいました。

ちょー美味い(o^〜^o)

2010年8月20日 (金)

今週は

今週は
金曜日、今日でおしまいです。

明日から二日間、鍼灸学生のためのサマーセミナーに、行ってきます。

といっても場所は、都内なので、普段の通勤とあまり変わらないのですが。

今年も、早朝から夜中までの、鍼灸漬けの二日間を過ごしてきます。

元気な学生さんに、たくさん会えるといいなあ。


今週も皆様、あっついお灸に堪えて、頑張ってくださいました。

ありがとうございます。


来週も、またまた、あっついお灸で、夏を乗り切りましょう。

息子が初めて作ってくれた夕食の牛丼です。けっこう美味しかった(^〜^)

回りの

例えば、暑いとか、寒いとかいう感覚は、当然人によって違うわけで、

自分に最適な温度が、自分以外の人に最適であるということは、

ほぼ、ないと考えるのが、

正常な思考と言えるでしょう。

多かれ少なかれ、誰かの設定した温度に、やむを得ず合わせて、

衣服を調節して、なんとか凌いでいるものです。

わが家のワンコは、本来ならアルプスの山々で、静かに人に寄り添って暮らしているワンコです。

人の都合で、灼熱の千葉に暮らすはめになってしまったのだから、

当然我慢するのは、人の方、

家族は、冬のいで立ちで、24時間ワンコに最適な温度で、

ワンコライフを心から楽しんむのです。

さて、


人のことを思いやる行動が出てくると、

治療もだいぶ進んできたという指標になります。

2010年8月15日 (日)

熱中症なりそう

熱中症なりそう
熱中症なりそう
唐辛子を収穫。

葉っぱを摘んで、葉唐辛子の佃煮を作った。
唐辛子は、葉っぱも楽しみの一つなのだ。


あたたかいご飯の上にのっけて、ハ゜クッと頬張る。

あーまたデブになるなあ。


唐辛子の本体の方も、醤油漬けを毎年つくるのだが、これがまた、卵かけご飯にたらすと、とーっても、うまい。


ボウルの中は、水茄子の浅漬けを作るところ。
塩水でアクを抜いて、お酢と出汁醤油の漬汁に、

水茄子とは、なんとジューシーでうまいのだろう。

2010年8月 9日 (月)

発見

発見
おきまり の 顔出し看板

八ヶ岳自然文化園です。

雨に

雨に
子供のリクエストでまた電波天文台に、

でも途中から雨でずぶ濡れに。

2010年8月 8日 (日)

ようやく

ようやく
ペンションについて、くつろぐマロン。

パニックに

パニックに
サンメドーズスキー場で、リフトに乗りました。マロンは、ほぼパニック状態。でも、がんばって、伏せをして乗り切りました。

涼を求めて

涼を求めて
清里にきてます。

2010年8月 6日 (金)

冷えを追い出すと

内臓から元気が、出てくる感じです。


体の様子を見ながら、冷えを追いかけて、そして、鍼灸で追い詰めていきます。

来た道を戻る。とはよく言ったもので、

症状が次々に変わっていきます。より深い部位にあるものが、徐々に表面に出てきて、

やがてそれも抜けていきます。

冷えの実態をとらえることができると、

身体の良し悪しが、手にとるようにわかるものです。

この冷えの抜けていく感覚、

身体が温まってきて、内側から元気が湧き出てくる感覚、

辛さから解放されて、変わっていく身体、

これこそが、鍼灸治療の醍醐味、なのです。

今日、患者さんから言われました。

2010年8月 4日 (水)

クールダウン

クールダウン
新しい長靴買ってもらった。これは、よくサンダルとかである発泡樹脂のやつの長靴版で、ちょー軽い。履いてないみたいです。ワンたちのお散歩用です。


一日の治療を終えた後、帰宅するまでに、ちょっと時間がかかります。

何をしているわけでもないのですが、

一言で言えば、興奮状態を冷ましている感じ。

治療は、全神経をフルに使う、極度の興奮状態になります。かといって、あくまで冷静さを保ち続けるという、矛盾した心理状態でもあるのです。


家に帰っても、まだ興奮していて、落ち着かないことも、しばしばあります。

この間テレビを見ていたら、ある歌手が、コンサートのあと、興奮していて眠れないと、

非日常な状態に置かれると、中々もとに戻れない。


わかる気がするなあ。

有名な外科医の先生も言っていたなあ。あまり眠らないって、


患者さんには、眠らないとダメですよとか言って、


実際、クールダウンは、難しいですなあ。


きっと、お酒って、そのためのものなんだろうなあ。

生きるか死ぬかの狩りをして、帰ってきたら、やっぱりクールダウンしないと、身がもたないのだろう。


と言うことで、今日もクールダウンしてます。

クーッ、この一杯が、効くなあ。

ウォームアップだったりして。

2010年8月 1日 (日)

ねむいー

ねむいー
ねむいー
昨夜は、風の子堂にお客さんがあり、

なんと朝まで、話しをしていました。


眠い(´Q`)。oO


やっぱり、もうきついなあ。

それとは、別に、

あらためて情熱は、年齢ではないと思いました。

知的好奇心というか、もともとの知性というべきか、

知的な刺激を得られる会話のなんと楽しいことか。

社会的な経験も人生経験も遥かに豊富な人生の先輩なのに教え子?の言葉や姿勢から、

私自身、たくさんの学ぶべきことがある。

いい、仕事た゛なあ。

いろいろ差引、

プラスです。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

  • 人生 (キャンシング比較ランキング!最新ニュース)
  • 田中先生… (積聚治療 恵庭市 鈴木みゆき鍼・灸院の最新情報です)
  • 風の子先生… (恵庭市 鈴木みゆき鍼・灸院の最新情報です)
無料ブログはココログ

関係するグループ

風の子堂鍼灸院