« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

コテージ

コテージ
コテージ
コテージ
今回は、ドッグラン付きのコテージに泊まりました。

あまりに寒いので、室内でBBQをして、

一応、窓全開でしたが、

火災報知器を鳴らしました。ピィュー、ピィュー、火事です!


ワン達は、サイレンに慌てまくり、

息子は、サイレンに大爆笑。


でも、いつもの、定番のわが家のキャンプ料理(ちょー早い、他の家族が火をおこしている時にはもう食べてます。)に、大満足。お腹がはち切れるほど、食べました。


そのあと、大型バスを改装した、お風呂に入りました。意外に大きくて、ビックリ、

風呂上がりに、息子と月明かりの森の中を、星を見ながら、コテージまで戻りました。


一緒に行ってみたい方は、一声かけてください。人が行かない時期に行きます。


ついでに、社員旅行の下見をしてきました。とてもすばらいところを見つけてきたので、今年の旅行の行き先を変更することにしました。

真冬日

真冬日
真冬日
真冬日
真冬日
こんな寒い時に、栃木県那須に、キャンプに行ってきました。


すんごく、寒かったけど、

目一杯楽しんできました。


写真は、初日に食べた鴨つけそばとかき揚げそばです。

朝は、霜柱が。


顔が凍りました。

2010年3月28日 (日)

おめでとう

おめでとう
教え子の結婚式に出席しました。

浦安のホテルオークラです。

とても幸せそうでした。派手過ぎず、堅実な二人に似合いの披露宴でした。

いいもんだなあ。

幸せな二人を見るのは、

こんな気持ちになるんだなあ。


年取ったのかな?

2010年3月26日 (金)

それぞれの

それぞれの
言い古された言葉ですが、

出会いがあれば、必ず別れがくる。

みんな、新しい道へ、歩きだしました。

真っすぐに目標に辿り着けるとは、簡単には言えませんが、

心を込めて、一つのことに取り組んでいれば、

自分の思いは、いつか通じるものです。

疲れたら、休めばいい。

自分の足で歩いて行ってください。


すべての結果は、自分から、はじまるのです。


そのことに気がつけば、チャンスは、山のように訪れます。

治療することだけに必死になりなさい。


それ以外のことは、一切考えてはいけません。


患者さんは、素人に毛が生えたようなあなたに、治療させてくれる神様のような人なのです。

お供えをしてもいいくらいです。

2010年3月20日 (土)

限界

限界
うひゃひゃひゃひゃ、マロン姉ちゃん、遊ぼう(^O^)!

眠いんだよ。o(><)o

卒業式の後、一人の学生から、

先生は、鍼灸の、積聚治療の、限界を、感じませんか?

と問われました。

私の答えは、

鍼灸の限界を感じるところまで、自分の腕は、至っていません。

でした。

考えてもみてください、

積聚治療の歴史は、三十年、ましてや、鍼灸の歴史となれば、数千年にも及びます。


限界など、私ごときの浅学では、計りようがありません。


ただ、目の前に横たわる患者さんの治療に、今の自分の持てる力を、尽くすだけです。


ただ、全力を出すためには、逸れ相応の訓練が必要であり、


アクセル全開で走れるようになるには、時間を要するのです。


だから、

鍼灸の限界は、

今の私には、まだ、わからない。

ということなのです。

2010年3月19日 (金)

卒業式でした。

卒業式でした。
昨日は、鍼灸専門学校の卒業式でした。

なかなか話す機会のなかった学生達と、いろいろな話しが出来て、
これでお別れなので、寂しいかぎりですが、
とても楽しい時間でした。

お師匠様も、三次会、四次会と、お付き合いしていただき、

最後は、カラオケで歌まで披露してくださいました。

ほのぼのとした、いい卒業式でした。

学生のみんな、ありがとう。

2010年3月16日 (火)

内省

内省
慣れてしまうのは、よくない。

思い込みで、判断しては、

学んできた、意味がない。

いつも、素直でいないと、

本当の姿は、見えて来ない。

水で満たされた器に、
湯を注ぐことは、できない。


私は、冷え切った水で、満たされていないか。


真正面から、見つめているだろうか。


慣れてしまって、いるのではないか。

2010年3月15日 (月)

またまた模様替え

またまた模様替え
またまた模様替え
空気の流れを考えて、模様替えしました。

ついでに、

昨年買ってあった、葛飾北斎の絵を貼ってみました。

カーテンに垂らした布が、神社みたい、という声もありましたが、
ある患者さんから、
御簾の中にいるようで、高貴な気分になる。と、

うん、そうですかあ。

そう言っていただけると、

ちょっと、うれしいです。


あっ、やっぱり、気を使ってくれたのかな。

2010年3月13日 (土)

今日の本

今日の本
時代物の好きな自分には、それだけで、十分満足なのだけれど、

主人公が、鍼灸の名人ときては、読まないわけには、いかない。

そこは、それ、山本一力さんの筆だけに、読みごたえあり、主人公の腕などは、一応、その道にいる者の目から見ても、うーん、やるな、と唸らせる鍼灸の技なのである。

これは、相当な鍼灸師に、取材したのか、それとも、相当な腕の鍼灸師の患者なのか、

いずれにしても、

本来の鍼灸の姿が、見事に描き出されている。

そうなのだ。

普通の鍼灸の姿が、現在は、普通ではなく、
希少な、姿だったりするのだ。

鍼灸を知っている人がいることが、とてもうれしい。

2010年3月10日 (水)

家に帰ったら

家に帰ったら
パールが、こんなことに、なってた。

おばあちゃんが手作りしたスヌード。

これで、ご飯の時、耳が汚れないかな。

ああ、癒される(^_^)

2010年3月 8日 (月)

入院してました

入院してました
パールは、先週末、入院してました。

病気ではないので、すぐに帰ってきたのですが、

ついでに、乳歯が抜けずに残っていたので、抜くことに。

パールの抜歯代、一本、2500円、前歯4本。

パールの柔らかおやつ、一袋、500円。

父ちゃんのワイシャツ、一着、250円。(:_;)

2010年3月 6日 (土)

またまた、寝ないと

またまた、寝ないと
一日の終わりに、というか、もう、朝の始まりなのか、

日課を終えた後に、夜中から、映画を観るのが、常になってしまっていました。

んー、寝ないといかんですよ。(*_*)


ということで、風の子映画評論です。

『南極料理人』

生き物もウイルスさえもいない極地に隔離されている観測隊員たちの姿を、料理を通して描いています。

始めは、それぞれのスペシャリストの寄せ集めだったのが、最後はどうなってしまうのか、
観ている間から、無性にお腹がすいてくる映画です。

人間の本質的な姿に、笑います。


崔洋一監督の『刑務所の中』も、なんかおいしそうな映画でしたが、
ある意味、人は隔離されると、食べることに特化するのでしょうか。

2010年3月 4日 (木)

鍼灸の修行

学校の講義が、新学期までないので、津田沼の丸善まで、鍼灸の本を仕入れに行ってきました。

医学書も充実している本屋さんなので、あちこち見ている間に、もう外は暗くなっていました。

何冊か買い込んで、寄り道しながら家路に。

夕食を作りながら、その中の一冊を読んでいた時でした、

思わず本を持ったまま、あーっと、


その本は、鍼灸の修行をする若者を通して、鍼灸治療を解説する、という漫画仕立ての本で、

その中に沢山の有名な昭和の鍼灸の先生方が登場します。


なんで、あー、かと言うと、

実は、このことは、人に話ても、わかってもらえないだろうな、と誰にも言わないでいたのですが、

そこに書かれていたのです。

それも、自分の治療の感覚と、全く同じ、そのままが。


そんな風に、治療されていた先生が、他にもいらしたのか、

と思わず、あーっと、立ち上がってしまったのでした。


ぜんぜん、要領を得ない言い方ですが、

簡単に言うと、


患者さんに触れて、患者さん自身になる。


ということなのです。

私のは、治療家の御先祖様からの秘伝なのでした。


言っちゃった。

あー、なんか楽しい。

世間は、広い。

すごい人は、山のように、いるのだなあ。


鍼灸の果てまで、覗いてみたい。

2010年3月 2日 (火)

今日は寒い

今日は寒い
寒いなあ。暖かかったのに、急に寒くなると、なんだか、動けなくなりますね。

最近、とくに体が硬くなった気がします。

柔軟さが、失われているのですね。

東洋の考え方では、心と体は、一体であるとされているので、

きっと、心も硬くなっているのでしょう。
酢 飲もうかなあ。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

  • 人生 (キャンシング比較ランキング!最新ニュース)
  • 田中先生… (積聚治療 恵庭市 鈴木みゆき鍼・灸院の最新情報です)
  • 風の子先生… (恵庭市 鈴木みゆき鍼・灸院の最新情報です)
無料ブログはココログ

関係するグループ

風の子堂鍼灸院