« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月26日 (土)

お疲れさまでした。

お疲れさまでした。
今年の風の子堂の診療は、今日で終了いたしました。

みなさまには、今年もたいへんお世話になりました。
こうして、無事に一年を過ごすことができましたのも、みなさまが風の子堂を支えてくださったお陰であると心より感謝しております。

来年も、少しでもみなさまのお役にたてるよう、精進してまいりたいと思います。

今年よりも、もっと元気で、楽なからだになるように、お手伝いさせていただきます。


明日は、幸せのてんこ盛り。

それでは、大掃除しているみなさまに、

雑巾を、当て字にすれば、増と金、あちら福福、こちら福福。

よい年をお迎えしましょう。

2009年12月22日 (火)

スパルタ教育?

村上龍のテレビ番組で、東京モード学園の理事長が

言われていたことです。

甘い教育は、教育ではない。スパルタこそ教育だ。

モード学園では、1年に提出しなければならない課題が、

200以上、インタビューに答えていた生徒は、この課題の為に

週1、2度は必ず徹夜するし、教師たちもこの課題の採点に

追われる。

茶髪の生徒も、ピアスの生徒も、授業の始まりには、

きちっと整列して挨拶するし、

廊下では、生徒全員が来客に挨拶していました。

厳しいのは、単に人に厳しくするという事ではなくて、

社会に出て仕事をするという厳しさを学ばせるということ。

学校にいる間に、その事を徹底して教育することが、

生徒の生きていく力になるのだという信念、使命感で

教育しているのだそうです。

すごいなあ、生徒のこと信じてるんだなあ、

そういえば、食物科の高校生のレストランの話もそうでしたね。

生徒たちは、力を信じて引き出してあげれば、みんな、

力を出すんですよね。

二頭立ての犬ぞりです。

Img_2239

お姉ちゃん、待ってえ~

Img_2240  

ワタチもひっぱる~~!

2009年12月21日 (月)

食べたいよ

Img_2227 なにつくってるんでしか?

 

  

Img_2230

   そっそれは! もしかして

チ、チ、チ、チーズheart04

Img_2233  

 砂肝とチーズで一杯やるのさ。今流行りのハイボールさhappy02

Img_2234

よだれが( ̄○ ̄;)!

その頃、パールはsign02

Img_2235

寝てますcoldsweats01

Img_2236

しかも、べろが、出たままですけどsweat02

2009年12月19日 (土)

時の過ぎ行くままに

今週も終わりました。残すところ今年もあと1週間ですね。

あっ、という間でしたね。

時間は、感覚なんです。

自分の代謝スピードが、時間の感覚を作っているのです。

だから、

年々、代謝スピードが、落ちていくにしたがって、

時計が刻む時間は変わらないので、感覚上、時が

早く進むように感じてしまうのです。

つまり、自分の1時間が伸びるのと、反対に

伸びない時計の1時間の差が、

時の感覚なのです。

子供の1日が長いのは、代謝スピードが速いからなのですね。

Img_2217  

 

  今週はどんな1週間だったでしょうか。

苦悩を越えて、歓喜に至れ、

来週はもっとすばらしい1週間ですよ。

2009年12月18日 (金)

だいぶ仲良しになってきたよ。

Img_2213 ねえねえ、マロン姉ちゃん。一緒にお昼寝しようよ。

Img_2214

ちょっと耳かじってみようかな。

Img_2215

 もう、眠いんだよう。静かにしなさい。

ワタチも眠くなってきたあ。

      

2009年12月11日 (金)

通販の本屋

通販の本屋
最近は、あまり本屋へ行かなくなりました。

といっても、本を読まなくなったわけではなく、毎週のように大量に本は買っているのですが、

ほとんどは、通販の本屋で買っているのです。

時間をかけて、選ぶのが面倒になってきたこともあるでしょうし、なんといっても、携帯電話で空き時間にサッと選んで注文しておけば、すぐに自宅まで届けてくれる便利さにかなり毒されているからなのです。

それに、店頭販売の本屋さんにはない専門書などの本も手に入りますからね。


さて、今回も神経生理学の本を注文して、楽しみに待っていました。

が、

届いて、がっかり、

なんと定価より1500円も高く買わされているではないか。中古の本にもかかわらず、

もう一度、検索しなおして、さらに、がっかり、

買値よりさらに2000円も安く売られているのを発見。


通販の本屋も、なかなかどうして、

うっかりしていられないなあ。


マロンに癒されようっと。

2009年12月 7日 (月)

小布施

小布施
小布施
小布施
社員旅行に行ってきましたよ。

小布施といえば、栗かのこ。

この栗かのこには、実は深い思い入れが、

はじめて鍼灸でお金をもらって往診した時に、出てきたお茶うけが、栗かのこだったのです。

栗かのこは私にとって、初心に帰るのと同時に、豊かさの象徴の味なのです。


信州牛も食べましたよ。ちょーやわらかい。うまい。

2009年12月 6日 (日)

試験ガンバレ

今日の実技の授業は、口頭試問しながらの実技でした。

みんなよく勉強していて、解剖の知識もバッチリでしたね。感心しました。

これならきっと試験もうまくいくでしょう。

大丈夫、鍼の神様がちゃんと見ていてくれます。

実技を一生懸命やっていた人を救ってくれないはずがありません。

最後の最後まであきらめずにがんばるのですよ。

鍼灸師は、あきらめないのが商売です。

最後まで患者さんと一緒にたたかうのが、使命なんです。


ぴゃーぴゃー言ってる学生も、年季の入った学生も、

ガンバレ、かわいい教え子達。

2009年12月 4日 (金)

触診

触診
鍼灸の治療で、一番エネルギーを割いているところは?と聞かれれば、

間違いなく、触診をしている時です。と私は答えます。

検査機械や薬品を使わない鍼灸治療にとって、触診は、診断を確定して、同時に治療する部位も導きだす、

まさに、生命線、だと言えます。

人の体は、頭のてっぺんから、足の裏まで、それぞれ支配されている神経が違うので、

丁寧に触診することで、背骨や脳のどこに問題があるのか、判断できるのです。

また、触診することで治療によって、どれくらい良くなって来ているのかもわかるのです。


治療の時に、衣服と靴下を脱いでください、とお願いするのは、その為なのです。

衣服の上から触診することは、ジャケットの上から聴診器を当てているようなものです。

どのような精度の診断になるかは、分かり切ったことですね。


治療の結果は、触診とその判断による。


そう言い切れます。

2009年12月 1日 (火)

精密機械

心とからだは、密接につながっています。


当たり前のことですよね。だって、同じ一人なんだから。

分けるほうが不自然です。

だから、

こころで描いた通りの人に成るのです。

からだの主は、あなた自身なのです。

他の人には、どうすることもできない。


私は、からだの外から、メッセージを送ります。


治すのは、

からだに命令する、主人は、

あなただけ、

この世に、あなたしかいないのです。


からだもこころも、まるで、精密機械のよう。

私が送ったメッセージの通りにしか、反応しません。

誤った結果は、誤ったメッセージを送ったからに過ぎない。

常に正確なのです。自然は。

異常気象もへちまもない。

自然は、素直にそのまま反応しているだけ、


人も、大自然なんです。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

  • 人生 (キャンシング比較ランキング!最新ニュース)
  • 田中先生… (積聚治療 恵庭市 鈴木みゆき鍼・灸院の最新情報です)
  • 風の子先生… (恵庭市 鈴木みゆき鍼・灸院の最新情報です)
無料ブログはココログ

関係するグループ

風の子堂鍼灸院