« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

太極な治療

太極な治療
東洋医学は、自然治癒力を増す医学である。とよく言います。

確かに、治療本来の目的は、自然治癒力の向上にあると言えるでしょう。

痛みや辛い症状は、自然治癒力の低下を示すシグナルの役割をしていることが多いのです。

痛みや辛い症状に目がいってしまいがちになりますが、
大切なのは、体を元に戻す力、

すなわち、自然治癒力を高めることなのです。

こうした治療の仕方を、

根本治療、または、太極治療、と言います。

辛い症状に再びあわないようにすることが、

私の目指す、太極治療なのです。


☆何にもしてません。父ちゃんの靴下なんてとってませんよ☆

2009年7月28日 (火)

キンカン

キンカン
キンカンの花がたくさん咲きました。今年は実がなるかなあ。


今週は、もう次回の予約がだいぶあいてしまいますね。申し訳ないです。

こちらの都合なのに、皆様温かい言葉までかけてくださり、本当にありがたいことです。

はい。気を付けて行ってきます。


さて、いつもお話する通り、体が変わるのには、時間がかかるものです。

どうせ、同じ時間を過ごさねばならないのなら、

せっかくですから、ちょっとでも変わってきたものを、数えてみたらどうでしょう。

同じなんですけど、まだ変わらないなあ、と思っているより、

ちょっと気が楽に成るかも知れません。

体は、立ち止まることは、ありません。常に変化しています。

ただ、あまりにも小さな声なので 、よく聞き取れないことの方が、多かったりします。

でも、そこが肝心。

よく聞いてあげてください。

私には、たくさん話し掛けてくれますよ。

本当はねって。

2009年7月27日 (月)

夏の朝

夏の朝
もう朝から暑いですね。

森のなかは、それでも少し涼しいかな。

今日もマロンは、1日中冷房の中でお昼寝です。

2009年7月25日 (土)

すごいと思う

すごいと思う
アーちゃんは、4才の女の子。赤ちゃんのころから、ずっとからだを診ています。

今日の診療のときのことです。


せんせいの、め、ちがうね。
かえたの、せんせいの、め。

そうなんです。実は先週、メガネを替えていました。

ほとんどの方に、気付かれませんでしたが、

アーちゃんは、違いました。顔をみてすぐに、気付きました。

まあ、普通は、そんなとこまでみてる人など、いないのは当前なのですが、

脳内の記憶に残っている像と、今日の像との相違を瞬時に、言語化してみせたのでした。

あらためて、アーちゃんのすごさに感動してしまいました。

2009年7月21日 (火)

明け方に夢をみた。

どこか、見慣れた景色と、そこにいる見慣れた人たち。
そこには、たくさんの小さな子供を連れた家族が集まって、みんなで畑や家作りの作業をしている。

はじめ、自分は、そこにいる人に色々説明を聞きながら、あちらこちら案内をされていた。

きっと、ビジターだったに違いない。

ひとしきり見終わると、どこかで作業を終えたらしい一団が、楽しそうに今日の作業の話をしながら、こちらに向かって歩いてきた。

その中の最後尾のほう、集団の奥に、

まだ小さい自分の息子を抱えた、自分自身が、

まだ、若くて元気そうな自分が、楽しそうに歩いている姿を見つけた。

私は、過去に来ている。


その時に気付いた。

次の瞬間、私は、その、こちらに向かってくる集団のなかに、思わず分け入っていた。

人たちを避けながら、私は自分の前に立ち、日焼けしている自分の顔を眺めて、ああ、この頃は、胃腸が弱くて、いつも鼻が赤かったなあ、などと思いながら、

目の前に立っている若い親子に、こう話しかけていた。
がんばれ。これから先、辛くて、もっともっと大変なことが待ってる。でも、負けるな、くじけないで歩いていくんだよ。その後、必ず幸せな時がやってくる。

泣きながら、そう話しかける歳をとった私の様子に、目を丸くしている自分の姿。

自宅は森の真前にある。隣の森から鳥が鳴いているのが聞こえる。

ひとしきり、夢のなかで泣いてしまったので、少しけだるい感じが残ってはいるが、いつもと変わらぬ朝。
マロがお散歩に行こうと、誘いにくる。

励ましているのは、仏様だけではないのかも、自分も自分を励ましながら生きている。それが人の姿なのだろう。

2009年7月20日 (月)

法話

今日、一年法要でお寺に行ってきました。ご住職のお話を伺い、感じることが多く、とても素晴らしい時間を過ごしました。

お寺では、一周忌と言う言葉は、使わないそうで、そもそも仏様は、忌む、存在ではないという理由だからということです。

いま、こうしてお経を上げているのも、仏様がいま生きている自分たちに、何かを気付かせるために、この場に導いた。そのための法要である。

後生の一大事。

勉強しなければいけない、何かしなければいけない。というのは、今の大事、


その奥には、生きる、という後生の一大事がある。


仏様は、そのことを身を持って教えてくれる存在であるのだそうです。


また、学ぶ、ということについて、

知識がある、と思っていると、それ以上なにも吸収できない。経験があるからと自分のやり方を正しいとして、新しいことに聞く耳を持たなくなってしまう。


ご住職が新しく入ったお弟子さんの、すぐに何でも吸収する姿を見ながら、


ご自身を顧みられて、そう学ばれたそうです。これも仏様の導きであると。

思い出した。

自分の回りにいるのが、蝿ならば、自分の姿は糞である。

自分の回りにいるのが、蝶ならば、自分の姿は、花である。

2009年7月19日 (日)

ピーマロ農園

ピーマロ農園
ピーマロ農園
ピーたちとマロの肥料が入ってる農園なのだ(o^o^o)

オクラの花だよ。

2009年7月18日 (土)

今週もお疲れさまでした。

今日の診療から

暑くて暑くて夜眠れない。

これも冷えなんだ。って言うと意外でしょうか。


アイスノンを使ったり、エアコンをかけたり、

でも、なんとなくモヤモヤして、身の置き所がないような感じがしませんか?


これも、典型的な冷えの症状なんですねえ。

治療で十分身体を温めると、モヤモヤしなくて、

その上、意外にエアコンもいらなかったりするんですね。

身体は、冷やせば暑くなろうとするし、温めれば、涼しくしようとする。


あたりまえの話でしたね。

来週も素晴らしい一週間ですよ。

お疲れさまでした。

2009年7月17日 (金)

特別講義今年度初回

特別講義今年度初回
特別講義今年度初回
今年は、スッゴク根源的な話でしたね。

単刀直入に超難解な話をしてくださいました。

みんな、よくがんばってしがみついていましたね。素晴らしいです。

先生は、毎年みなさんの顔をみて、話す内容を変えています。

今日の超難解な話は、みなさんにふさわしいレベルの話だったと思います。

私が知るかぎりでは、他で見たことがありません。

私もみなさんに感謝します。


関東鍼灸の専任教員のみなさんです。一緒に講義を聞いていました。後光がさしています。素晴らしい先生達です。ようやく、時代が関東鍼灸に追い付いてきました。

2009年7月14日 (火)

あとから、ついてくる

あとから、ついてくる
触診をしていると、身体は常に変化している、ということが、よくわかります。

でも、その変化は、とても小さいので、はっきりと自覚できるまでには、多少時間がかかるようです。


お灸は、久しいに火と書きます。

冷えている身体を温める、気長にお灸しましょう。

2009年7月13日 (月)

そうめん

そうめん
そうめん
昨日、那須で買ってきた、そうめんカボチャと、ルッコラとトマトのサラダです。
そうめんカボチャは、けっこうお腹にたまるなあ。まあ、カボチャだからあたりまえか。


今日、易をたてたら、火風鼎がでた。

三本の矢ならぬ、三本の足。
患者と治療者とあと誰だろう?

とにかく、一方的に与えるものでもないし、受け取るものでもない。と、いうことかな。

さらなる、不確定要素もありそうだけど。

2009年7月12日 (日)

遊び疲れたあ

遊び疲れたあ
遊び疲れたあ
お腹はちきれんばかりに、いっぱい食べて、いっぱい遊んで、

ついでに、ハーブガーデンでアロママッサージをうけました。

久しぶりの休日1日を満喫。

今週も頑張ろうっと。

絶品の蕎麦

絶品の蕎麦
絶品の蕎麦
那珂川から渓流の釣り堀にきました。

マスの塩焼きと栃木軍鶏の蕎麦。おじさんが奥で手打ちしてます。蕎麦がかなりのもの。

これから、饅頭やさんに試食に行きます。

東北道

東北道
東北道
いま、宇都宮にいます。今日は、那須までドライブです。

今年の生徒さんたち

今日は、すごいのもらっちゃいました。大好きなんですよね。毎晩の晩酌用マイおつまみ入れに、入れときます。ありがとう。

今年の生徒さんは、漬物食べさせてくれたり、ごまだんご食べさせてくれたり、お土産持たせてくれたり、

なんだか、がぜん、やる気が出ますなあ。

はい? そうなんです。もうお気づきかと思いますが、非常にわかりやすいタイプなんです。

あっ、だからといって、反対に手を抜くことは、ありませんよ。

うざい先生がやる気だして、ちょーうざい先生になるくらいの違いですから。

2009年7月 9日 (木)

1ヶ月ほど先の話ですが

1ヶ月ほど先の話ですが
8月の予定をたてられる方もいらしゃるとおもいますので、

予約のことも含め、早めに連絡させていただきます。

またもや、大変申し訳ない連絡で恐縮なのですが、


8月4日(火曜日)から8月17日(月曜日)まで、

アメリカのボストンとサンフランシスコで開催される、鍼灸(積聚治療)サマーセミナーに参加することになりました。

私自身は、オマケで参加するだけなので、アメリカでは、気楽な身分なのですが、
反面、その間の風の子堂の診療を、お休みすることになってしまい、

皆様には、大変ご迷惑をおかけしてしまいます。
改めてお詫びいたします。

それでも皆様に、多少なりともこの経験を還元できるように、よく見聞きして勉強してくるつもりでいます。

そんな事情で、8月は、1日(土曜日)と、8月18日(火曜日)よりの診療となります。

どうぞよろしくお願い致します。


☆父ちゃんがどうもすいません☆

2009年7月 4日 (土)

本当にすいません。

本当にすいません。
予約が取れないなど、ご意見をいただき、

診療日を変えて、利便性を少しでも良くしようと試みてはみたのですが、

結果的に、自分の体への負担が大きくなってしまい、

このままでは、治療自体にも影響が出てしまうおそれが、生じてきました。


そこで、真に心苦しいのですが、元の診療日に、戻させて頂くことに致しました。

以前同様、

火・木・金・土、が診療日、
日・月、が休診日となります。


再度、予約などで、ご不便をおかけすることと思いますが、治療の水準を維持するため、ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。

今週もお疲れさまでした。来週は、もっと素晴らしい週になりますよ。

2009年7月 1日 (水)

生きている時間

ちょっと前に、ベストセラーとなった本に、ぞうの時間、ネズミの時間 という本がありました。

ぞうもネズミも、一生として感じる長さは、同じである。というお話です。

私達の感じている時間の長さは、それぞれの代謝スピードによって、作られているものなのです。

そう、時計は常に一定の長さを計る物差しで、一応、地球上では、不変なのです。あくまで一応です。


では、長くなったり、短くなったりする時間は、どこからくるのでしょう。


それが、代謝スピード、なのです。生物は、一回の代謝にかかる時間で、時の感覚を作り上げているのです。

つまり、物差しは一定ですから、代謝スピードが早ければ、一定時間の間に何度も代謝する事になり、物差しは、とても長く感じます。

反応に、代謝スピードが、落ちると、物差しが短くなったように感じます。


年をとると、日が短くなる理由です。


さて、話変わって、

治療のあとの反応も、人それぞれですね。

サイクルがみな違います。

でも、からだは、確実に一歩一歩前に進んでいます。ゆっくりでも、決して、立ち止まってはいません。


あなたが、あきらめない限り、決して私もあきらめません。ずっと、付き合っていきますから、

ゆっくり、ゆっくり、前に進みましょう。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

  • 人生 (キャンシング比較ランキング!最新ニュース)
  • 田中先生… (積聚治療 恵庭市 鈴木みゆき鍼・灸院の最新情報です)
  • 風の子先生… (恵庭市 鈴木みゆき鍼・灸院の最新情報です)
無料ブログはココログ

関係するグループ

風の子堂鍼灸院